水槽管理について | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

水槽管理について

水槽管理とは

生物を飼育している水槽の飼育水は生物に与えられた餌や生物自身の代謝により、やがて何かが過剰に貯まったり、必須な成分が不足したりします。サンゴなどの無脊椎動物を飼育する場合には後者の微量成分の欠落が重大なマイナス要因となることが多いようですが、ここでは一般的に問題とされる窒素分の蓄積について考えてみま...

詳細はこちら

脱窒を考える

水換え以外の方法で硝酸を減少させるためには、硝化と同様にバクテリアの働きを利用します。ただし、ここで働くバクテリアは硝化細菌のような独立栄養細菌ではなく、従属栄養細菌と呼ばれるグループです。 従属栄養細菌とは有機物を基質(餌)とする細菌群で、アンモニアや亜硝酸(さらには二酸化炭素)などの無機物だけ...

詳細はこちら

脱窒菌について

脱窒菌は有機物を利用して増殖する従属栄養細菌であり、また通性嫌気性細菌でもあります。 好気的な条件下では遊離酸素を利用しますが、それがなくなるとNO2やNO3に結合している酸素を利用して呼吸します。 この呼吸メカニズムを利用してアクアリウムの飼育水から硝酸塩を除去しようというのが脱窒の目的です。...

詳細はこちら

生分解樹脂

脱窒の機序についてもう一度考察を加えます。 硝化細菌は窒素化合物(アンモニアや亜硝酸)や炭酸ガスなどの無機物から生活に必要な要素を取り込む無機栄養の生活様式をとるため、水槽という特殊な環境は彼等にとって絶好の生息環境となります。 一方、脱窒の主役である従属栄養細菌は外部から餌となる有機物を取り込...

詳細はこちら

最新の脱窒用素材と使い方

樹脂を底砂に埋めれば、樹脂の成分が微生物の出す分解酵素によって分解され、水溶物となって微生物に利用されること、水溶物は樹脂の周辺から水槽内に拡散することなどがおぼろげながらわかってきました。 そこで、市販の脱窒用素材がどのようなもので、どのような使われ方をしているのかを知っておくのも参考になると思...

詳細はこちら

生分解樹脂の使い方

底砂への埋設 デニボールのベーシックな使い方と同様に砂に埋めて使います。 程良い短冊形に切ってお使いください。水槽の底面と平行(最適な深さであれば最も有効)でも垂直(底砂内部の溶存酸素量に応じて消費する微生物群の組成を広く捉えることができる)でももかまいません。 おそらく底砂の材質や粒径によっ...

詳細はこちら

バクテリアについて考える

私たちは水槽で何を飼っているのか? これを知る者は、好む者にしかず。これを好む者は、楽しむ者にしかず。 菌類の生い立ちと現状 地球の歴史の中で菌類が現れたのは今から36億年前とされています。そしてそれは地球上に現れた最初の生命体でもありました。 菌類は様々な進化を遂げながら地球上のあらゆる場...

詳細はこちら

メニューを開く