ブログ・Q&A | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

ブログ・Q&A

マイクロ・ナノバブラーの開口部の横から大きな気泡が出ます。どのように対処したら良いのでしょうか?

マイクロ・ナノバブラーのうちSSグレードは高圧給気を行いますので、どうしてもバブラー内部の空気圧が高くなり漏れを起こしがちです。


弊社から購入されたものについては、出荷前に一度水槽に漬け込んで気泡の漏れがでていないか検査をしていますが、ごくまれにその検査を通過してしまうものがあります。


大きな気泡はバブラーの開口部のねじ山の部分で発生します。



ネジのオスとメスのかみ合わせが不十分ですと、その間隙を空気が通過してしまうのです。


これを防ぐには水道工事などに使うシールテープを本体側のオスのねじ山に巻き付けて密閉効果を高めます。


大きな気泡が出るようでしたら、100均かDIYのお見せに行き水道関係の売り場でシールテープをお買い求めください。


100~150円位で購入できます。


何の変哲もない白いテープですが、バブラーのねじ山に巻くには幅が広すぎますので、カッターなどで縦に半分に切って下さい。


これをオスのねじ山に巻き付けるのですが、時計回りに巻くことに注意して下さい。


念のため2周も巻き付ければほとんどの漏れは防ぐことができます。



バブラーを長期にわたってお使いいただく場合は、消耗部品としてモノトランフィルムやファイバーと呼ばれる不織布を定期的に交換する必要があります。


この時も開口部のキャップをゆるめて交換作業をしなけれななりませんので、最後にシールテープを交換することをお勧めします。


シールテープを一巻き持っていれば安心してバブラーの解体を行うことができますので、お試し下さい。

メニューを開く