ブログ・Q&A | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

ブログ・Q&A

寒冷期にPSBを増やす方法を教えてください。

 光合成細菌(PSB)は水温が低下する寒冷期には増やすことが難しくなります。


それはPSBの生物学的活性が著しく下がってしまうからです。


PSBの培養に必要なものは光と餌、そして温度と考えることができます。


優先順位を付けるとすれば、温度、餌、光になるのではないかと考えています。


従って水温の下がる寒冷期には、まず培養温度をコントロールしてやるのが最低限の条件作りとなります。


温暖期には20℃~40℃位になり、私たちが何もしなくても培養は進みます。


真夏の炎天下では50℃を超えてしまう事態も起こり、さすがのPSB も増殖が阻害されることになります。


人為的に培養温度を設定するとするならば、25~40℃程度に設定すれば良いかと思います。


温度が高いほど増殖速度が上がりますからその分培養期間が短くなる理屈です。


すぐにでも使いたいのであれば設定温度を高くし、培養コストを下げたいのであれば、20℃そこそこでも何とかなります。


 


 餌の添加量は少なめの方が失敗をしないでしょう。


1リットルの培養をするのであれば、ふやしてPSBを1プッシュ(1ml)でも増えます。


ふやしてPSBのラベルに記載している添加量は、増えたPSBが培養後も培養容器の中で長期間生き続けられるように、若干のお弁当を持たせる意味合いを含めていますから、すぐに使うのであればそれを忠実に守る必要はありません。


 


 光はガラス戸越しの自然光でも構いませんし、培養速度を速めたいのであれば、LED照明で培養期間を短縮することができます。


極論すると、今現在ヒーターを入れて照明をつけている水槽をお持ちであれば、その水面に培養用のペットボトルるを浮かべておいても良いということになります。


一般的なアクアリストの皆さんはPSBを一度に大量に使うことはないと思いますので、必要な分だけゆっくりと培養されることをお奨めいたします。



 


 

メニューを開く