ブログ・コラム | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

ブログ・コラム

活性化フコイダン水溶液

水槽内に投入することで、ウィルスを捕らえて水生生物の免疫活性を高めます。品評会のために観賞魚を育てている方、金魚ヘルペス等でお悩みの方へオススメです。

フコイダンにはいくつかの種類がありますが、特に沖縄モズクを原材料とするものが生体への有効性が高いとされています。今回採用したのは沖縄モズクから抽出したフコイダンで、すでに養殖業界では様々な魚病対策資材として実績を上げているものです。すでに食用海水魚やエビ、ニシキゴイなどの養殖事業に用いられ、卓越した効果を示していますが、観賞魚用として商品化されたのはこの活性化フコイダン水溶液が初めてです。

 

 海藻類のネバネバ成分である各種の多糖類は生物の免疫活性を高めることが知られています。フコイダンにあっては人間のがん治療に有効であるとの情報が流れると、その市場価格が一気に高騰した経緯があります。フコイダンは昆布などにも含まれているのですが、最も含有量の高い海藻はモズクの仲間です。近年はオキナワの沿岸域で養殖されているオキナワモズクから抽出する技術が確立され、健康食品としての高い評価を得ています。餌に混ぜて経口投与すると魚介類の免疫活性が高まり、病気への感染予防や治療に効 果を示します。抗菌剤を用いる治療法とは異なり、魚介類自身にもまた水槽内の有用な微生物群にも悪影響を与えることはありませんので、せっかく築き上げた水槽内の浄化機能を損ねるような危険性がなく、安心してお使いいただけます。

 一方、フコイダンは独特の網目構造を持っており、飼育水に添加すると水中を漂うウイルスを絡め取り、ウイルスが原因とされる様々な病気の発生を抑制します。
飼育水10ℓに対し1mlを添加してください。病魚のいる水槽、底砂掃除をしたばかりの水槽には通常の3倍量を添加してください。

メニューを開く