ブログ・コラム | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

ブログ・コラム

フコイダンとは?

フコイダンは、昆布やもずく、わかめといった海藻類に含まれるネバネバ成分で多糖類の一種です。

1913年にスウェーデンのウプサラ大学にて、スウェーデン人のキリン教授に発見されたフコイダンは、胃がんの原因といわれるピロリ菌の抑制効果や生活習慣病の改善に効果が期待できることから、健康食品などに使用されおり、大学や多くの研究機関でフコイダンの研究が進められています。

フコイダンを使用した人間のサプリメントや健康食品は、広く市場に出回っているので耳にしたことがある方も多いかと思います。

広島県水産技術センターの資料では、オキナワモズクから抽出された、多糖類フコイダンが魚をウイルスから守るという研究成果が報告されており、注目を浴びています。

この技術開発は、ヒラメで研究が行われ、飼育水にフコイダンを投入することで、疾病発生のリスクを低減できること、病原体に感染した魚がいてもフコイダンがウイルスを吸着し感染の広がりを抑えることができるので、魚の生存率を高くすることができること、フコイダンの吸着性によって水質が浄化されることが挙げられています。

弊社では、活性化フコイダン水溶液などの通販を行っておりますので、水生生物飼育の際の水質改善にご利用ください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く