ブログ・コラム | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

ブログ・コラム

マイクロバブルで水質を浄化できる?

国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所の資料では、

日本大学と新潟県内の水面水産試験場の研究において、超微細気泡「マイクロバブル」が、ニシキゴイ飼育の水槽における水質改善の効果があるとの成果が出ているとの報告があります。

(参考:国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所WEBページより)

この研究は、平成16年に発生した中越地震によって被害を受けたニシキゴイの養殖事業に対する復興支援の1つとして行われた研究です。

ニシキゴイの養殖をするにあたって発生するアンモニア、亜硝酸塩の発生を超微細気泡「マイクロバブル」の使用によって抑えることができ、結果的に水質を維持できるという結果は、水槽の水質悪化で悩む一般のアクアリウムユーザーにも適応できるといえるでしょう。水質の改善ができる効果とともに、微細の泡は見ているだけでも美しいものです。

有限会社翠水では、超微細多孔質フィルムの応用によって、ナノレベルのマイクロバブルを発生させることのできる「マイクロ・ナノバブラー」の販売を行っております。

マイクロ・ナノバブラーのお問い合わせはこちらから

メニューを開く