商品紹介 | 有限会社 翠水|最新の水生生物飼育法・フコイダン・二価の鉄・マイクロナノバブラー

商品紹介

マイクロ・ナノバブラー

 微細気泡の発生装置です。従来のエアーストーンでは出し得なかった超微細な気泡を発生させることができます。また精密な測定装置で計測しますと、マイクロバブルやナノバブルと呼ばれるような目に見えないサイズの気泡も大量に発生していることがわかります。微細な気泡は溶存酸素を効率よく増やすと同時に飼育生物の活性を高めます。

 マイクロバブルやナノバブルを作る方法は色々あるのですが、マイクロ・ナノバブラーはエアーポンプやコンプレッサーから空気を送り込むだけのシンプルな構造ですから、高圧の溶解装置や強い水流はいりません。強い流れに弱い生まれたての稚仔魚の水槽などにはうってつけの装置と言えます。

 水槽は私たちの心に喜びや感動を与えるものだと思います。水槽の中をゆっくりと上昇する微細な気泡は周囲の景観に溶け込み、そこに集う様々な生物を一層引き立たせる効果があります。また微細な気泡は水面で破裂することはありませんので、皆さんが海水魚水槽で経験される「塩ダレ」現象は一切起こりません。

 マイクロ・ナノバブラーは株式会社ナックが独自の技術で開発した超微細多孔質フィルム『モノトラン』を応用した気泡発生装置です。この技術により発生した微細気泡は通常の気泡とは異なる特性を有しており、特許庁から「B.nano」という商標を認可されています。 「B.nano」は、部品の洗浄・表面処理や食品の洗浄・殺菌、排水処理をはじめとして、湖沼の水質浄化、農産物の生育向上、魚貝類の養殖など、幅広い分野・用途で優れた効果を発揮しています。

気泡の発生量の多いSグレードと、気泡のサイズがより細かいSSグレードの2種類をご用意いたしました。水量の多い水槽で大量に泡を出したい場合、あるいは細かい気泡が維持しやすい海水水槽でのご使用にはSグレードをお奨めします。微細な泡をゆっくりと浮上させたいとお考えの方、あるいは淡水水槽でご使用される場合にはSSグレードをお奨めしていますが、用途の制約があるわけではありませんので、あなたの美意識やフィーリングに従って柔軟にお選びください。

マイクロ・ナノバブラーのメカニズムを簡単に説明しますと、バブラー本体の内部に送り込まれた圧の掛かった空気が、モノトランフィルムと呼ばれる高分子膜のクレーズという隙間を押し広げながら開口部から水中に出てくるといった極めてシンプルなものです。その隙間の大きさや密度に2つのグレードの違いがあります。隙間が広く、数も多いSグレードは、通常のエアーポンプやブロアーから送られた給気圧で問題なく気泡を作ることができますが、隙間が狭く、数も少ないSSグレードでは高圧の空気を送り込まないと、十分な気泡を作り出すことができません。従ってSSグレードにはコンプレッサーや高圧ポンプが必要となります。少しでもきれいな気泡をより多く発生させたい場合は、アデックス社の高圧タイプのエアーポンプX101、X202をお買い求め下さい。翠水では高圧タイプを通常圧タイプと同じ価格でご提供しています。ここでご注意いただきたいのは「給気圧」であって「給気量」ではありません。大型のポンプやブロアーでも給気圧が低いものでは十分な気泡発生が得られません。この条件を十分ご理解いただいてバブラーのグレードをお選びいただきたいと思います。

 

 

 

マイクロ・ナノバブラーにオゾンを送りますと、通常水面付近で匂うオゾン臭が全く感じられません。それはオゾンの混じった気泡が小さいために、水面に到達する前にオゾンが水に溶けてしまうからです。エアーストーンなどでオゾンをふかしますと、大部分は溶けきれずに水面で空気中に出てしまうのでオゾン臭が感じられるのですが、マイクロバブルやナノバブルのサイズになると、ほとんど溶けてしまい、ロスがなくなります。
そのことはオゾンの消費量を節約することを意味しますから、オゾナイザーの作動時間や電圧を減らすことになり、装置の寿命も長持ちすることになります。

 

 

 

ふやしてPSB

メニューを開く